FC2ブログ

記事一覧

2018

あと数時間で今年も暮れようとしています。ただ私は 大晦日だの正月にそれほどの思い入れはありません。どちらかというと 年末年始のTV番組の面白くないことにがっかりする憂いの方が大きいのです。でも いい加減な勘春にとって休みは 大歓迎。昨日も今日も ほとんど寝て過ごしています。本当は 休み明けまでに二つの仕事の宿題が有るのですが昨日は「まぁいいか、明日も休みだ」今日は「明日も休み。無理に今日しなくても明...

続きを読む

ライトUP

朋あり遠方より来たり、で博多駅の近くで美味しい酒、楽しい時を過ごしました。12月に入って 夜博多駅に来るのは初めてです。12月の夜の博多駅、私には楽しみが有るのです。博多駅前のクリスマスバザーではありません。私の楽しみは 駅前の西日本シティ銀行のライトUPなのです。朋と別れた後 博多口に廻り 西日本シティ銀行を見上げたのです。はぁ~???又元に戻ってしまった。残念です。10年ぐらい前の西日本シティ銀行のラ...

続きを読む

討ち入り

頃は 元禄15年12月14日 江戸の夜風を震わせて 響くは山鹿流の陣太鼓・・・・・と 浪曲・講談・落語で語られます 赤穂浪士の討ち入りの日が今日です。当時は 日の出から次の日の日の出までが1日と考えられていたので、今での午前0時をまたいでの討ち入りも 15日早朝ではなく 14日なのです。正確に言いますと これは元号での日時なので西暦でいうと12月ではないのです。元禄15年12月14日は 1703年1月30日 15日は1月31日で...

続きを読む

砂の器

今日は 私には似合わない硬い話しです。今日 BS放送で「砂の器」が放映されていました。主人公が加藤剛の作品とは違います。私は 1976年の加藤剛主演いや加藤嘉の作品以上の「砂の器」はないと思っています。加藤嘉の「砂の器」以降の作品は 「砂の器」ではなく 「砂の器」風の別の映画・ドラマです。清張さんが存命なら なんて言われたか聞きたいものです。詳しくは書きませんが 主人公が故郷を追われた設定に問題があるの...

続きを読む

寒中見舞い

寒中お見舞い申し上げます。急に寒くなりました。体調管理には ご自愛ください。私「春眠 暁を覚えず」という意味が分かりません。春は寝心地がいいから朝が来たのが分からないとかいいますが私 春夏秋冬 1年中眠いのです。で、睡眠そのものとは一寸違うかもしれませんが布団から出たくないのは 冬なのです。「冬眠 夜よ明けないでぇ~」の気持ちです。寒い冬の朝 自分の体温で温まった布団は天国です。電気毛布とか炬燵な...

続きを読む

分からないこと その5

分からないこと。女心です。守秘義務・個人情報上の問題があるので とある場所、とある人、架空のお話と思ってください。ある地方の病院。その病院は週に1・2度救急当番の回ってきます。時間外の急病・急患の受け入れ病院です。そんな救急当番の夜中 半年に1度ほど 家庭内DVの被害者女性が駆け込んできます。顏には 明らかに暴力を受けた痕があります。医師は淡々と治療します。患者「今晩 入院できませんか?」医師「いえ、...

続きを読む