FC2ブログ

記事一覧

廓日記 その八

廓屋敷での日々の生活模様です。
とわ言うものの パチンコ80%の生活です。
昔のパチンコは 毎日行けば誰でも勝てたんです。
私は 学生時代 義理有って断れないアルバイトを4年間通算で3日しただけで 
アルバイトらしいアルバイトはしたことがありません。
生活費は 仕送り。
日々の飲み代、デート代、休みの時の旅行代はみんなパチンコの上りです。

入学して暫くたったころ 先生のゼミ紹介がありました。
ゼミの紹介をひとしきり終えた後 先生から質問が学生にあり、
「長崎に来て どこに行った?どこがよかった?」
みんな 「どこの教会がよかった」だの「眼鏡橋に行った」だのと言っています。
先生が「あんたは?」
私「どこにも行っていません。前に高校の修学旅行の時 グラバー邸には行きました」
「今回は どこにも行ってないの?」
「えぇ。しいて言えば思案橋のパチンコ屋。そこには 毎日行ってます」
「はぁー」
先生は 確かに ため息をついたのを私はしっかりと聞き逃しませんでした。
先生は「建築は何もないところから物を作る仕事です。建築だけじゃない、物を造るという仕事は
学校や教科書だけでは教えることはできません。私達が教えれることはテクニックのようなものです。
全ての 物造の一番のベースは 広い価値観です。その価値観の本質は教科書では教える事が出来ません。
その価値観を 手に入れるには まず遊びなさい。遊んで遊んで、いろんな価値観に接ししなさい。
物造をする人は まず遊びなさい。
その点 あんたの勉強法は まあ正しい。ただし、パチンコだけというのは偏りすだぞ」
と諭されたのです。
まあ 俺の勉強法あながち間違ってないんだ。
と 思いながら この先生の教えを通しましたが、まだまだ 色んな遊びようが足りなかったようです。

またまた 脱線しました。パチンコ必勝法は いつになることやら。多分 次回には なんとか・・・。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント