FC2ブログ

記事一覧

敬老会

昨日は 某公民館の敬老会での高座でした。
現場に着いて あれぇ?ここ前に来たことあるぞ~。
そうなんです。2年前に寄せて頂いていました。
自分の足で来てたら 大いに記憶に残っていたのでしょうが
今回同様 前回も 兄さんの車に同乗させていただき 連れてきてもらったので
地理的 記憶が希薄だったのです。

それからが大変です。
2年前 何を演じたかな?手帳を開いてみると
なんと 今日予定していた噺です。
館長さんに「今日は どのような方がお目見えになられんでしょうか?」
「この辺り 落語好きな方が多くて 皆さん楽しみにしています」
えぇ、ということは2年前も来れた方も来られるだろうな。
同じ話はできないぞ。
「兄さん、噺替えます」
「大丈夫?」

大丈夫?って言われても 変えざるをえないでしょう。
昨日は また残暑が盛り返し暑い日だったので、一つは夏の話しに変更です。

急遽変えたもので色々問題も出てきます。
一つは 時間が思ったより伸びてしまいました。
もう一つは それに合わせて兄さんも短い話しに変更です。
怪談噺。怪談噺なので 幽霊の出てくる時にはめ物(CD)を鳴らしてください、との事です。
「どこで、どこで、きっかけは?」
としっかり聞いて・・・・よし、ここだ。とCDを鳴らしたのです。
ラジカセの 音鳴りまでのタイムログはあったものの まあうまくいきました。
よしよし、あっ、あぁ~、どこで止めるか聞いてなかった。
えぇ、どうしよう。あっ、兄さん喋り始めた。これでは声が聞こえにくいのでは・・・・・えぃ止めよう。
プツン。

後で「CDは あのまま鳴らしていたらフェイドアウトしたのに」と言われてしまいました。
よく考えて見たら 前にもこの噺の時鳴らしたことを思い出しました。
(後になって思い出すのは年寄りの習性です)
そうそう、終いまで鳴らしたんだ。
ご迷惑をお掛けしました。

しかし、それにも増して ノリのいいお客様方ばかりで 大いに笑っていただき嬉しい限りでした。
私の噺にも笑っていただき 敬老会に行って こちらがお祝いする方だったのに
私が載せてもらい 慰められた敬老の日でした。

お越しいただいたお客様方 又スタッフの方々 改めまして お礼申し上げます。
ありがとうございました。 

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント