FC2ブログ

記事一覧

スターウォーズ

TVで「スターウォーズ」を放映しています。
何作もあり これは劇場で見たかな?それともTVだったかな?
どちらにしても 時々見慣れたシーンがあります。どちらかできっと見たはずです。
近頃 こんなことはしょちゅうです。本屋で 背表紙、帯を見て買って帰って、数頁読んだ後
これ 前に読んだな。本棚を見ると、しっかり同じ本があったことは一度ではありません。
題名だけでなく 数頁読まないと思い出さない、そんな歳になりました。

「スターウォーズ」なかなか面白い映画とは思います。映像美よくできています。
でも、SFでありながら 精神論を入れ過ぎのように思えます。
「フォース」を感じろ。何度も繰り返されるとしらけます。
SFなら TVドラマ(後に映画化もされました)の「スタートレック」(宇宙船エンタープライズが題名だったかな?)
のようにアカデミックに徹した方が
見てる方は 安心できます。
カーク船長の人間性を ことごとく否定し、アカデミックに淡々と分析するスポックの存在がこのドラマのテーマです。
でも 最後にちょぴり感情を表すスポック、このくらいの洒落がいいのです。

SFに精神論を持ち込むのは 作り手がみんな日本びいき、黒澤明に心酔してるからなのかな?
多少は理解できますが それは映画に味を持たせるのを通り過ごして 逃げのように見えてきます。
SF映画は 宇宙の永遠、精神(フォース)の永遠、
どちらを期待するかと問われると 前者が大きい方がSFの魅力のように思えます。

ついつい ながらにTVを点けていますと 愚痴がこぼれます。
今日は 宇宙の永遠、フォースの永遠、の話でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント