FC2ブログ

記事一覧

討ち入り

頃は 元禄15年12月14日 江戸の夜風を震わせて 響くは山鹿流の陣太鼓・・・・・
と 浪曲・講談・落語で語られます 赤穂浪士の討ち入りの日が今日です。

当時は 日の出から次の日の日の出までが1日と考えられていたので、
今での午前0時をまたいでの討ち入りも 15日早朝ではなく 14日なのです。
正確に言いますと これは元号での日時なので西暦でいうと12月ではないのです。
元禄15年12月14日は 1703年1月30日 15日は1月31日です。

歴史上は1703年1月30日と表現した方が分かりやすいのですが 
それでは 当時の時代背景・文化が伝わりません。
年末 正月前の 大掃除の日が討ち入りの日です。
だから 必ず元禄15年(西暦とは違います)と前置き付けるのです。

来年は元号が変わります。
どんな元号になるのでしょう?
これからは 太陽暦が太陰大陽暦に戻ることはないので必要ないのではと思います。
平成30年12月15日は 2018年の やはり12月15日なのです。
中国も他のアジア諸国も元号は廃止されているようです。

しかし、これも日本の文化なのです。

「あいつは 平成生れだ」とか
「昭和バブルの頃は・・・」とか 漠然とした時代を掴むのは元号が役立ちます。
年数を数える時は不便ですが 文化として残していて欲しいものです。

ただ 国民みんなに受け入れられるような新元号でないと 次々回は無くなるかも。

分からないこと。
明治・大正・昭和・平成と元号で表現するのに 何で明治の前は江戸時代なの?
明治の前は「慶応」その前が「元治」でしょうと思うのですが
この辺の使い分けができるのが 日本人のファジーの良い所なのでしょう。

討ち入りの日に ふと思う事でした。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント