FC2ブログ

記事一覧

今日 職場から窓の外を見ていますと 福岡の街を大きな影が横切りました。
飛行機の影です。職場は平尾。そうです、福岡空港への進入路です。
飛行機の影が横切っただけ。地形的にはなんら不思議なことはありません。
しかし その大きさ、速さ、思わず「わぁ、わぁ、飛行機!」とため息がもれます。
これは 私だけでなく、一緒に仕事している中国出身の青年も以前「わぁ~、飛行機の影~」とつい言葉を漏らしました。
国が違っても 同じなんだぁ~。

以前 同じようなことがありました。
石垣島でダイビング中 頭上をマンタ(オニイトマキエイ)が通り過ぎたのです。
透明度の素晴らしい石垣の海、それが一瞬陰になります。
見上げると 4~5mもあろうというマンタが頭上を飛んでいます。
泳いでるというより 飛んでいるのです。
我々 人間もダイビング中は 泳ぐ、潜るという感覚よりは 水の中を飛んでる気持ちなのです。
マンタが 私の上を優雅に漂っています。
その陰に入りますと あたかもマンタに抱かれた気持ちです。

この世は 陽もあれば陰もあります。その両があるからいいのです。
どちらかに傾き過ぎると問題ですが 「陽があるからの陰であって」「陰があるから陽なのです」
太陽があって月があり。光があって影がある。陽気な者も居て陰気な者もいる。
陽だけがいいのではありません。影も月も 又それは いいものです。

飛行機の影が福岡の街を通り過ぎた、ただそれだけの話です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント