記事一覧

連結バス

この前 連結バスに初めて乗りました。
出張からの帰り 予定より一寸早く博多駅に着きました。
天神に用が有ったので よし、天神に寄ってから帰ろう。
地下鉄とバス、どっちで行こう?時間もあるしバスで行こう。
バスは 100円で行けるのです。
バス停で待っていると 2連結のバスがきました。

福岡地元の方以外の読者の方 博多には2連結バスが走っているのです。
大変、面白い乗り物です。
それが 博多駅から天神までたった100円で乗れるのです。

私 初めての経験です。
後部車両に乗り込み 連結器の側に陣取りです。
気持ちはハイテーション。
同時に 小学4・5年生の男の子とおばあちゃんの二人連れも乗ってきました。
その子も初めての搭乗だったのでしょう。
好奇心いっぱいです。
私の 近くに座り、キョロキョロ、視線は激しく回っています。
でも、その合間に必ずおばあちゃんの目を見て同感を確認するのは 優しい家庭環境の表れです。

私も その子供と同じ 視線は、さまよっています。
ただ 大人(老人)のテレが有るので 子供ほどのキョロキョロのスピードは早くありません。

何より、連結器、よくできています。見てて飽きません。
あっ、天井に避難口がある。あんなとこに避難口があってどうやって逃げるんだろう。
タラップも何もなさそうです。
そぉか、横転した時の避難口なのかな。
おっと、その近くにむき出しで 非常用の窓ガラスを割るハンマーが有るぞー。
必要かもしれんが むき出しで設置してるのは 別の使われ方、しやしまへんか?
降りるときは 前扉からかいなぁ?何か書いてあるぞ。おっ、カードなら後部ドアからでも降りられるようです。

ウキウキ、ウキウキした老人子供の話し
明日に 続きます。

スポンサーサイト

コメント

生きること

日々、回りの事象をどうとらえ、自分がどう解釈し、咀嚼するか。回りの感動と、あの青春時代の、好奇心を、維持したいですね。

Re: 生きること

コメントありがとうございます。同感してくれる友の居てくれることに感動です。
公のブログ故 オブラートに包んだ表現に心がけています。
まあ、このくらいの表現が私の尺の内なのでしょう。
以前の 「木漏れ日」の投稿ぐらいのことが言えたのは若さ故です。
時々は 覗いてください。

コメントの投稿

非公開コメント