FC2ブログ

記事一覧

サイコロ2

昨日の続きです。
サイコロは 一(ピン)の目だけ大きく掘ってあります。
あれは ただデザインだけの気まぐれではありません。
サイコロは 裏表の目を足すと七になるんです。
だから 一の目の裏は六なんです。
もし 一の目を 六の目の一つの点の大きさで彫ると 一の面と 六の面の彫lり取る質量は違います。
それで 重心の位置が一の方に偏るのです。
それを防止するために 六の目の彫り取る質量の全部を 一の目 一点で彫り取るから 一の目が大きくなっているのです。
この理屈で言うと 二の目の裏は五です。二は五と同じ質量で彫るのだから 二の目は一に次いで大きくなるはずです。

これが正式なサイコロです。
でも 我々が日々手にするサイコロは そこまで作り込んでいません。
一の目だけが大きく 二の面以降は同じ大きさの点で彫りこんでいます。

この様なサイコロは 重心の位置から割り出すと 五の目の出る確率が一番多いのです。

ここ辺りも落語の「看板の一」に一寸出てきます。
どのように出てくるかは 実際に「看板の一」をご鑑賞ください。

サイコロの蘊蓄 まだまだ続きます。

明日は 「瀧川鯉昇・桂文治二人会」です。
ご来場 お待ちしております。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント