FC2ブログ

記事一覧

ダイビング

このところ投稿の間が空いているので 師匠からのハッパがかかりました。
人畜無害の一小市民が大人しく生活している中では そんなにネタもありません。
師匠も 聞き流しているようでふと漏らした私の独り言をよく覚えているものです。
ただ 私は廓通いだけはしていません。学生時代一時期 元廓の部屋を間借りしていたことはあります。
なかなか面白い経験ですが 殆ど面白がって聞いて(読んで)頂けるのは師匠だけです。
良識人には「何?馬鹿な事!」となりかねません。
しかし、師匠から「留守の間続けろ」とのことですので 暫くの間 頑張ってみます。
その廓日記は 明日からにしましょう。
まずは 無難にダイビングネタ(非常に健全なネタです)

ダイビングに嵌る動機というものは 人それぞれ色々あるものです。
私も そのきっかけは色々あるのですが その中で一つの要因になったのが
幼い時見た魚の標本絵本です。
その中で 私は「マンボウ」という魚を見てみたい衝撃にとらわれていました。
小さい時のその願望が大人になるまで続いていたのです。
魚の標本は その特徴を表すのに便利なように全部横向きです。
前から見た絵はありません。
私は 「マンボウ」という魚は 大砲の玉のような円筒な形をして
尾びれは円筒の周りにスカートのようについているのだと想像していました。
こんな魚 見てみた~い。そう思いながら 大人になったのです。
バカですね。そうなんです。マンボウは平たい魚です。
フグに似てるので そんな想像をしたのでしょう。
マンボウを 見てみたい。これもダイビングを始める要因になっていたのでしょう。
ただ 今もってダイビング中に 生マンボウには出会っておりません。

マンボウが 平たい魚と気づいたとき 
勘春は一つ大人になり、
一つ少年を捨てました。

今日は チョットメルヘンチックに。 次回からの廓日記の毒消しです。
スポンサーサイト

コメント

スミマセン

 そうでしたか。廓通いは、失礼しました。ソープ通いの間違いでした。
 でも、廓ズ参ってのは粋ですね。
 羨ましい限りです。
「我が良き友よ」を思い出してしまいます。
では、留守中よろしくお願いします。
 なんだか、今回からフォームが変わりましたね。
 私をブロックしようと思っても無理ですよ(笑)。

コメントの投稿

非公開コメント